株式会社エルトップ

kersey(カルゼ)
Column

ロアジールの富士吉田

vol.3
「黙々とつなぐ風景」

撚り付け

Photo

CDを製作しているように見えますが、
これは織物の経糸をつなげる作業です。
今まで織っていた織物の経糸の後ろに、次の織物の経糸を結び付けています。

Photo

この手が、歴史と技を感じさせますよね。

Photo

織物によりますが、
5,000本から7,000本の経糸を全てつなぐ作業です。

Photo

この真剣な眼差しをご覧ください。
1本間違えただけで、
もう織物にならなくなってしまうので、
作業中は集中しています。
まさに黙々という言葉がぴったりな作業風景です。

この寡黙な男性は
撚り付け師
武藤 光義さんでした。

Photo

vol.3 撚り付け
「黙々とつなぐ風景」

撚り付け師  武藤 光義

織機にセットされた新しい経糸と、織り終えた経糸を、1本1本結び付ける作業が「撚り付け」です。
1本1本全て正しい順序と均等な張力が求められる緻密な作業は正に職人技。
昔は手で繋いでいましたが、現在はタイイングマシンという専用の機械を使用します。
このマシンのハンドルを(慎重に)1回転させると、糸同士が1本繋がれる仕組みです。

Writer:Tatsuji Kobayashi / Kenjiro Sato 
Photo:Kosuke Tamura

Archive

PageTop